【緊急事態宣言】発令されていたのはいつからいつまで?過去の発令履歴まとめ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴って発令される緊急事態宣言(緊急事態措置)について、いつからいつまでが対象期間であったのか……解除されてしばらくすると分からなくなってしまうので、これまでに発令された宣言の対象期間をまとめました。

(最終更新:2021年8月2日,初回投稿:2021年6月12日)


第4次 緊急事態宣言(2021年7月)

第3次の宣言が2021年6月20日に概ね解除された後、感染が再拡大したことからオリンピック開催を目前にして7月12日より発令されています。

※8月2日より対象地域が拡大されました。
 また、北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県にまん延防止等重点措置が適用されました。

東京都
 7月12日~8月22日・延長~8月31日

神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府
 8月2日~8月31日予定

沖縄県
 第3次より連続・5月23日~8月22日・延長~8月31日予定

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の違いはこちらから。

第3次 緊急事態宣言(2021年4月)

第2次の宣言が3月に解除された後のリバウンドおよび大型連休中(GW)の人流抑制を狙って2021年4月25日より発令されました。

沖縄県については宣言が解除されないまま、第4次の期間へ継続することになりました。

東京都、大阪府、京都府、兵庫県
 4月25日~5月11日・延長~5月31日・再延長~6月20日

愛知県、福岡県
 5月12日~5月31日・延長~6月20日

北海道、岡山県、広島県
 5月16日~5月31日・延長~6月20日

沖縄県
 5月23日~6月20日・延長~7月11日・再延長~第4次まで連続

6/17に政府からの発表があり、6/20にて緊急事態宣言は解除とし、一部地域は まん延防止等重点措置に移行することが決定されました。

第2次 緊急事態宣言(2021年1月)

冬季の寒さや乾燥により感染が拡大したことから、2021年1月8日より発令されました。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
 1月8日~2月7日・延長~3月7日・再延長~3月21日

岐阜県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、福岡県
 1月14日~2月7日・延長~3月7日予定・前倒し解除~2月28日

栃木県
 1月14日~2月7日

重症者病床の使用率が高まるなど状況が良くなかった関西地区では前倒し解除、首都圏の1都3県では延長となったのが特徴です。

この解除判断の差が、春頃のリバウンドの勢いの差につながったとの見かたもあります。

第1次 緊急事態宣言(2020年4月)

未知のウイルスに対して政府、国民ともに手探りで対策をするなか、2020年4月7日に初回の緊急事態宣言が発令され、都心部からは人の姿が消えて、自粛期間という呼び方が流行るなど印象に残る発令でした。

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
 2020年4月7日~5月25日

福岡県
 2020年4月7日~5月14日

大阪府、兵庫県
 2020年4月7日~5月21日

京都府
 2020年4月16日~5月21日

北海道
 2020年4月16日~5月25日

その他の各県
 2020年4月16日~5月14日

参考リンク

内閣官房
新型コロナウイルス感染症対策推進室
https://corona.go.jp/news/news_20200421_70.html

最新の発表(2021年7月30日)
「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の期間延長及び区域変更」
https://corona.go.jp/news/pdf/kinkyujitaisengen_houkoku_20210528.pdf

こちらの記事も読まれています: