【特急すずらん運用】785系と789系1000番台の共通運用・2023年5月20日ダイヤ改正版

特急すずらんは札幌~室蘭間に6往復設定されている特急電車で、車両は785系または789系1000番台が用いられています。

本記事では特急すずらんの車両運用についてまとめています。

※2023年5月20日(土)に室蘭本線を中心とするダイヤ改正が実施され、特急すずらんの時刻も一部変更となりました。


(初回投稿:2019年2月23日 最終更新:2023年10月1日)

特急すずらん 車両運用

特急すずらんには785系または789系1000番台が共通運用で使用されており、どちらで運転されるかは決まっていません。

すずらんの運用はA・B・Cの3通りがあり、

(A)1号-2号-5号-4号-7号-8号-11号-12号-東室蘭泊(翌朝 B)
(B)3号-札幌運転所(手稲)入庫
(C)札幌運転所(手稲)出庫-6号-9号-10号-東室蘭泊(翌朝 A)

…というつながりになっています。

Bで札幌運転所(手稲)に入庫したのち、同じ編成がCで出てくることもあれば、違う編成に差し替えられることもあり、特に決まりはありません。

(A)
東室蘭→室蘭 回送
室蘭05:25-07:10(6)札幌 すずらん1号
札幌(6)07:30-08:58東室蘭 すずらん2号
東室蘭09:22-10:53(7)札幌 すずらん5号
札幌(9)11:32-13:13室蘭 すずらん4号
室蘭13:38-15:28(9)札幌 すずらん7号
札幌(7)16:03-17:48室蘭 すずらん8号
室蘭18:13-19:58(5)札幌 すずらん11号
札幌(7)22:00-23:44室蘭 すずらん12号
室蘭→東室蘭 回送
(東室蘭泊、翌朝 B)

(B)
東室蘭→室蘭 回送
室蘭06:54-08:38(5)札幌 すずらん3号
札幌→(手稲)札幌運転所 回送

(C)
札幌運転所(手稲)→13:44頃(9)札幌 回送
札幌(9)13:56-15:38室蘭 すずらん6号
室蘭16:30-18:16(5)札幌 すずらん9号
札幌(8)19:14-21:03室蘭 すずらん10号
室蘭→東室蘭 回送
(東室蘭泊、翌朝 A)

※札幌の(カッコ)表記は着発番線
※手稲から札幌への回送列車到着時刻は札幌駅構内の放送によるもの

2023年5月20日のダイヤ改正により、室蘭本線(室蘭支線)の普通列車に737系電車が導入され、普通列車の多くが気動車から電車に変更されたほか、運転本数・時刻の見直しが行われました。

また、以前のダイヤでは、すずらん10号が室蘭に到着した後に普通列車4421M東室蘭行となっていましたが、今回のダイヤ改正にて回送列車に変更されました。


↑特急すずらんは785系と789系1000番台の共通運用。
 いずれも室蘭駅にて。(2019年2月撮影)

なお、ダイヤが乱れた際は札幌運転所(手稲)から代わりの編成を札幌へ送り込み、差し替えられることもあります。


↑札幌駅に大幅な遅れで到着したすずらん5号、折返し4号への充当をせず札幌運転所へ回送。
 (回送は桑園駅にて、2019年2月撮影)

785系とは

785系特急形電車は1990年に札幌-旭川を結ぶ特急スーパーホワイトアローとしてデビューし、uシートの増結や編成の組替えを経て2002年3月からは5両編成×7本が活躍していました。

その後、2007年にスーパーホワイトアローはスーパーカムイに名前を変え、札幌-室蘭を結ぶ特急すずらんでも使用されるようになりました。

2017年3月のダイヤ改正にて789系0番台に置き換えられる形で「スーパーカムイ」からは撤退し、NE-1~5の5編成は廃車となり、2020年現在は5両×2編成(NE-501、NE-502)が特急すずらんのみで使用されています。


↑室蘭駅に到着した特急すずらん(2019年2月撮影)
 2016年3月まではスーパーカムイは新千歳空港まで直通運転しており、前面表示は「スーパーカムイエアポート」となっていました。(旭川にて、2012年9月撮影)

特急すずらん・785系の今後

以前のJR北海道からの発表資料に「785系はそろそろ終了」といった情報がありましたが、2017年3月ダイヤ改正時にNE-1~5の5両×5編成が廃車になって以来、残された2編成(NE-501・NE-502)に動きはみられません。


↑NE-501、NE-502編成ともに3+2の5両編成ですが、運転台が封じられており独特な外観となっています。

北海道新幹線の新函館北斗開業以後、特急北斗に用いられてきた車両の置換えが進められ、ついに2022年10月にはキハ281系が引退となりました。

その勢いで、次は特急すずらんが785系からキハ261系に置き換えられて室蘭~苫小牧の電化設備が撤去される…という流れを危惧していましたが、2023年5月ダイヤ改正にて室蘭本線・室蘭支線の普通列車に737系電車が導入され、電化設備が撤去される心配はなくなりました。

新しい特急型電車の導入計画も特に発表されていないことから、当分の間、特急すずらんには785系と789系が使用されるものと思われます。

こちらの記事も読まれています: