〈ホームライナー浜松3号〉乗車整理券はいつどこで買う?車内精算はできる?コロナ対応のため全車自由席にて運行中!

ホームライナー浜松3号は、東海道線の沼津→浜松という長距離で設定されている全車指定席のホームライナー(快速列車)です。さらに浜松到着後はそのまま豊橋行の普通列車として延長運転するため、沼津から豊橋まで快適なリクライニングシートで移動できます。

長距離を移動するなら、便利で快適な新幹線をご利用ください」という絶対的スタンスのJR東海エリアにおいて、青春18きっぷ利用者の強いミカタとなる非常に貴重な存在です。


↑特急用車両の373系が使用され、座席はリクライニングシートです。とっても快適。

2021年2月現在、新型コロナウイルス対応として「全車自由席」にて運行しており、ライナー券にて座席位置を指定せず、車両の表示も「自由席」となっています。


(初回投稿:2017年6月13日 最終更新:2021年3月14日)

ホームライナー浜松3号の運転時刻

2021年3月のダイヤ改正による時刻等の変更はありませんでした。

乗車整理券「必要」 ホームライナー浜松3号)
沼津18:31→富士18:44→清水19:01→静岡19:11→藤枝19:25→島田19:21→菊川19:42→掛川19:48→袋井19:55→磐田20:01→20:10浜松

乗車整理券「不要」 普通列車)
浜松20:12→高塚20:17→舞阪20:22→弁天島2025:→新居町20:28→鷲津20:32→新所原20:37→二川20:41→20:46豊橋

普通列車に化ける浜松駅を含め、一旦降車してお買い物ができるような停車時間の設定はありません。

乗車整理券 事前購入or車内精算

静岡地区のホームライナーを利用する際には330円の乗車整理券が必要で、従来は全車指定席で運行していました。

乗車整理券は駅の券売機で当日販売となり、座席の位置を選ぶことはできません。

この事前に座席位置を選ぶことができないというのがなかなかクセもので、特定号車の端のほうに他人どうしで固まって座るハメに…ということがしばしば起こります。


↑沼津駅ホームのライナー券売機。17時頃にすでに「開店」していました。
選べるのは人数のみで、号者や座席位置は選べません。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、鉄道車内で「密」になることはよろしくない…ということになったため、2020年4月30日より当面の間「指定された座席に係わらず、車内の空いている席をご利用ください」との案内が掲出されています。

もともと地元の通勤利用者は指定席に係わらず空いているエリアへ移る傾向があったように見えましたが、JR東海から公式に「座席移動してヨシ」とのお墨付きが与えられた形です。

さらに駅によっては、ライナー券にて座席位置を指定せずに発券しているとの情報がネット上で確認されています。

ということで、2021年3月現在は「乗車整理券を事前購入して、テキトウに空いているエリアに着席する」のがセオリーとなります。

ホームライナー浜松3号は乗り得列車として有名になりつつあることもあり、青春18きっぷ期間中の土日などは「本当に満席になる」こともあります。車内精算する旅客が多くて空席が不足した場合は、事前に購入した旅客を優先して着席させると考えられますので、なるべく乗車整理券は駅で事前に購入したほうが良いでしょう。

乗車記録 2017年6月4日(日) ホームライナー浜松3号 沼津→浜松

続いて、ふつうの日曜に乗った際の記録です。

1843頃にライナー到着遅れの放送、先行の貨物列車が車両点検とのことで。
もう少し早めに知らせてくれてもいいのに…と思いつつ待って、20分遅れで到着。

乗車してみますと1、2号車は割りと席埋まり、3~6号車はパラパラ。
すなわち始発駅の沼津では1号車1列目から割当てている模様です。

最も空いている6号車に乗車していた数人は、全員が車内精算でした。
各駅に停車していきますが、静岡駅を含めて6号車への割当ては無し。

6号車が割当てられそうな駅というと階段の近い島田ですが、こちらも皆さん車内精算。
なお以前上りライナーを利用した際は、島田で6号車への割当てがありました。

袋井、磐田まで来ると乗車自体がほぼなく、6号車はガラガラのまま浜松到着。

※曜日や列車、当日の混雑状況により割当てが変動する可能性があります。
※同じ駅でも、券売機によって割当てが異なる場合があります(特に静岡駅など大きい駅)


↑6号車は終始平和でした

乗車記録 2017年12月24日(日) ホームライナー浜松3号 沼津→浜松→豊橋

青春18きっぷ期間内の日曜という、いかにも混みそうな日に乗った際の記録。

沼津駅には18:10着の列車で到着。
東京口の東海道線が多少遅れないとも限らないので、沼津には多少余裕を持って到着しておくと良いでしょう。

今回も車内精算のつもりで乗車。
この日の沼津駅ホームの券売機では5号車の乗車整理券が発行されていました。

全体的に人の多さを感じつつ、ひとまず6号車の後方座席に着席しよう…と思ったら、6号車にも沼津駅発行の乗車整理券を持ったかたが乗車してきたため一旦デッキへ待避。

沼津駅からの利用者が多いと見込まれる場合、4~6号車の3両を割当てているか、4号車と6号車に「共通枠」のような設定があって発売状況に応じてハミ出すのかもしれません。

6号車が満席になってしまったため、3号車まで移動して空席に着席。

3号車の前方は異様に空いていましたが、次の富士ですぐに埋まりました。
その後は静岡で目の前にライナー券売機という位置に停車したため埋まるかと思ったら、静岡での事前購入は2名しかおらず12番Bと12番Cに着席、他は適当な空いてる席へ移りました。

普通列車に化ける浜松でドっと乗車があり、豊橋へと向かいます。

豊橋では名古屋方面の特別快速が3分後に発車しますが、JR東海名物(?)いじわる接続で離れたホームに停まっており、階段が民族大移動になっておりました。。

こちらの記事も読まれています: