フェリーで石垣島から黒島へ・ハートアイランド黒島観光は3時間滞在で充分巡れる (沖縄2)

石垣島からフェリーに乗って黒島へ行ってきました。
石垣島が属する八重山諸島のうち、竹富島、小浜島、黒島、西表島、鳩間島、波照間島へは毎日運航のフェリーで気軽にアクセスすることができます。

なお最西端の与那国島へもフェリーの設定がありますが、石垣島から片道4時間半かかるうえに週2日のみの運航で、難易度高めとなっていますw

今回は最果て感の高まる波照間島で美しい海(波照間ブルー)を見たい…ところだったのですが、フェリーの運航が気候に左右されやすく欠航率が高め…ということで、石垣から遠すぎず近すぎずあまり観光地化されていない島…という観点から 黒島 へ行くことにしました。

石垣島からフェリーを利用する際は、石垣港離島ターミナルから出発となります。
地図を見て歩いていたら、貨物用?の石垣港に誤って着いてしまいやや焦りましたw

八重山観光と安栄観光の2社は共同運航となっているため、どちらの会社のカウンターで購入しても大丈夫です。黒島往復は2350円で、クレカ使用可でした。
往復券の往路は時刻を指定しますが、復路はオープンでの発券でした。


↑窓口の背面すぐが乗り場。港の時点で海が青いv

石垣島1100-1130黒島 八重山観光フェリー
外は暑いのですが、動き出せば風が涼しいだろう!ということで屋外席へ。
小ぶりなフェリーですが、思いのほか結構飛ばすため風が気持ちイイv


↑つい先ほど誤って入りかけた貨物用?ターミナル


↑きれいに小浜島の上空だけ雲ができていました。


↑海上ポールの建替え工事中。

一番きれいな海のポイントは「船が黒島に着く5分前」との前情報でしたが、どうやらこの工事現場のあたりがそれに相当するようでした。

黒島は直径3kmと小さな島なので日帰り観光ならレンタサイクルの利用が一般的です。
港から歩いてすぐの店は1時間200円・1日1000円という悩ましい設定をしており、この暑いなか5時間も走るのか…?と思いつつ、1日料金で借り受けて出発。


↑だいぶ使い込まれていますw

黒島研究所は入場料500円、かわいいウミガメを見ることができます。


↑子ウミガメは7月に生まれたばかり。


↑触るなよ。


↑ぜったいに触るなよ。

端に灯台がある…というと目指したくなるもので、暑さにヤられつつ走行。
黒島はあまり起伏がなく、とくに外周は平坦な道が続きます。


↑黒島灯台周辺より。透明度が素晴らしいv

島の中央部にある東筋集落へ行ってみるも良さげな飲食店は見当たらず、、そのまま港へ一旦戻ってカフェでカレーをいただきつつ小休止。休憩後は西の浜へ。
大々的な案内看板等は無く、レンタサイクル屋でもらった手書きの地図を頼りに走りますw


↑これがまた、きれいな海。

絶景に大満足してレンタサイクルを返却(やはり5時間も走ることは無かったw)、最終便までは粘らずに16:00発のフェリーに乗ることにして港にて待機。

今回は黒島11:40着~16:00発で4時間強の滞在で、食事休憩をしても少し時間が余るくらいでした。おそらく黒島10:10着~13:40発の3時間強でも充分巡れると思われます。

黒島1600-1630石垣島 安栄観光フェリー
往路の八重山観光よりもやや古い船なのか、エンジン音が激しいw


↑時間帯によって海の色合いが変わるのがまたをかし。


↑とても良い離島観光でしたv

石垣での夕食は某有名店を狙っていたのですがオンシーズンの土曜ということでまったく入れそうもなく、道を歩いていてみつけた「なかゆくい」を利用しました。


↑何カンでもイけそうな牛にぎり。フーチャンプルーもおいしいv

こうして今日も大いにエンゲル係数を上昇させてホテルへ戻りました。

こちらの記事も読まれています: